季節別・北海道旅行ガイド

北海道なら「季節別・北海道旅行ガイド」へ! - 北海道の魅力・秋

  • HOME
  • 北海道の魅力・秋

秋の北海道の気候

北海道の9月〜10月は秋です。8月のお盆を過ぎた頃から気温も下がってきて9月はぐっ
と秋らしくなります。札幌の平均気温は9月17.6℃、10月11.3℃で東京は9月23.5℃、10月18.2℃です。本州より一足先に秋・冬へと季節が変わっていきます。

9月は長袖が必要です。観光する場所によってはセーターなど厚手の服を準備した方がよいでしょう。最高気温も25℃に届かず、下旬に向けて最低気温が下がり、平均気温は13.6℃、日によっては10℃を下回る事もあります。朝晩は寒気を感じます。中旬になると紅葉が始まり、札幌市内の豊平川には産卵のために鮭が上ってきます。

10月は最高気温も20℃に届かず、平均は15.8℃です。夜間の冷え込みは厳しくなり、最低気温が一桁になります。冷え込むのでセーターやコートが必要です。山間部や峠では初冠雪となる事もあります。紅葉が進み、山は上旬から、平地では下旬ごろまで鮮やかな秋の訪れを楽しむ事が出来ます。

秋のおすすめ

気温が低くなり、秋の気配が漂い、目にも鮮やかな紅葉が楽しめます。コスモスやサルビアなどもきれいな時期です。気温も低くなってきたので温泉へ行くのもお勧めです。紅葉も楽しめる道内各地の温泉はとても人気があります。
また、食欲の秋に相応しく、9月〜10月にかけて食に関連したイベントもいくつか開催されます。さっぽろオータムフェスト、北の収穫祭おたるワインカーニバル、北のめぐみ愛飲フェア、石狩さけ祭りなどです。日本最大の自転車ロードレース、ツールド・北海道国際大会も開かれ、道内外・外国からもたくさんの参加者が集まります。

この時期はたくさんの秋の味覚が味わえます。じゃがいもやトウモロコシは収穫の最盛期を迎えます。長いもや小豆も北海道の名産です。果物も美味しく、7月から旬のメロンをはじめ、りんごやなし、ブドウなどの果物狩りが楽しめます。
旬の魚介類も多く、9月にはワカサギ漁が始まり、秋の味覚のサンマ、秋鮭、いくら、ほたてなども美味しい時期です。室蘭半島の花咲港で水揚げされる貴重な花咲ガニも7月〜9月が旬です。秋アジや北海シマエビもお勧めです。

通販はこちらをよく利用します。