季節別・北海道旅行ガイド

北海道なら「季節別・北海道旅行ガイド」へ! - 北海道の魅力・春

  • HOME
  • 北海道の魅力・春

春の北海道の気候

北海道は4月〜6月にかけての時期が春です。3月下旬頃から4月にかけて雪解けが始まり、徐々に気温も上がってきます。月ごとの平均気温を東京と比較してみましょう。まず札幌ですが4月6.7℃、5月12.1℃、6月16.3℃となっています。東京は4月14.4℃、5月18.7℃、6月21.8℃です。

4月の札幌はまだ気温が上がりきらないため、平均的に寒く感じます。昼は薄手のコートがあると良いでしょう。解けた雪で道路が濡れている事もあるので靴は防水仕様の物がお勧めです。ただ、日によって夜間は冷え込む事もあるので、防寒対策も必要です。札幌市内では雪が降る事はあまりありませんが、4月の前半までは最低気温が0℃くらいまで落ち込む事もありますので、しっかりと対策を取って下さい。後半に入ると少しずつ昼間の気温は上がり、徐々に花々も咲き始め、春らしい空気へと変わってきます。

5月の北海道は花の咲き始める春らしい時期です。しかしまだ風は冷たいので、何か羽織る物が必要です。最低気温が10℃前後になる事が多いので、夜の外出時には気をつけましょう。4月下旬からゴールデンウィークにかけて各地の公園などに植えられた桜や花々が咲き誇るので、お花見にピッタリの時期です。

6月の本州は全域で梅雨へと入って雨の多い時期ですが、北海道には梅雨がありません。最高気温が20℃を超える日も多く、薄めの長袖で過ごせます。日によっては半そででも良いでしょう。昼が長く、3時〜4時から空が白みはじめます。札幌市民はこの時期に行われるYOSAKOIソーラン祭りで春の訪れを実感します。

春のおすすめ

花が咲き始めるこの季節、4月末から5月にかけてスズランが見ごろです。5月一杯はカタクリも咲いています。そして桜は本州よりも開花が遅く、4月末から5月上旬にかけて楽しめます。他にもたくさんの花々が春を彩り、目を楽しませてくれます。各地で花祭りが開催されており、札幌市内の大通り公園さっぽろライラック祭り、同じく市内の平岡公園では梅林の夜間ライトアップなども行われています。函館でも五稜郭や松前などで夜間の桜のライトアップも楽しめます。

5月頃グリーンアスパラ、6月頃はじゃがいもが美味しい季節です。海産物のお勧めは人気のカニとウニです。流氷が去った4月にオホーツク海で毛ガニやうに漁が始まります。函館名産で有名なイカは5月ごろまでヤリイカが楽しめます。ボタンエビは3月〜5月が時期です。新鮮な物を寿司や刺身でいただくと美味しいニシンも2月〜5月までが旬です。5月下旬から7月上旬にかけては地元の方にも人気の貴重なトキシラズが味わえます。