季節別・北海道旅行ガイド

北海道なら「季節別・北海道旅行ガイド」へ! - 北海道の魅力・夏

  • HOME
  • 北海道の魅力・夏

夏の北海道の気候

北海道の夏は短く7月〜8月ですが、過ごしやすい時期です。札幌の月ごとの平均気温は7月20.5℃、8月は22.0℃です。東京は7月25.4℃、8月27.1℃となっています。気温も上昇しますが、涼しい風が吹くので気持ちよく過ごせます。

ウィザスナビ高校
通信制高校ならここ

7月は半袖でも十分過ごせる季節です。日差しがあるので帽子や日傘などがあるとよいでしょう。空気が澄んでいて、外で過ごすのにはとても気持ちの良い時期です。気温も本州と比べるとそれほど高くなく、30℃以下の日々が続きます。最低気温の平均が17.1℃なので涼しく感じる方も多いでしょう。ただ、日陰などに入るとひんやりする事もあるので、肌寒く感じる方もいらっしゃるかもしれません。気になる方は薄手の羽織物を一枚持っていってもよいと思います。

8月はお盆の時期を境目に気温が変わってきます。前半は過ごしやすい気温で、公園などで過ごす市民の姿も多く見られます。夏らしく気温も30℃近くになりますが、お盆の時期を過ぎたあたりから気温が上がりきらなくなります。長袖を準備していた方が安心です。特に朝と夕方以降から空気が冷たくなります。短い夏が終わり、秋の近づく足音を感じる時期です。

夏のおすすめ

北海道の短い夏の到来です。学校も夏休みに入るこの時期にはキャンプに出かけたり、海や川へ遊びに行く人々も多いです。そしてラベンダーやひまわり、かすみそうなどたくさんの種類の花が見ごろを迎えます。この時期ならではの美しい風景を楽しもうと富良野や美瑛には多くの地元の方や観光客が足を運びます。
イベントも多く、札幌市内では7月に花フェスタ、さっぽろ夏祭り、豊平川花火大会、富良野では北海へそ祭りが開催されます。PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)、サッポロ・シティ・ジャズなど音楽関係のイベントも開催されます。

8月はじゃがいもやトウモロコシが収穫される時期です。採れたての新鮮な野菜を味わう事が出来るレストランも多数あります。海産物もこの時期ならではの物が味わえます。通年食べる事が出来るほたても産卵期前後の夏が美味しいと言われています。ウニも利尻・積丹で取れる旬の物が味わえます。函館ではヤリイカから真イカへと旬が移ります。